肌への影響を大きくします

若い人の肌はバリア機能が充分に働いていて比較的頑丈ですが、だからといってスキンケアを全くしないまま、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?

でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。

シワがなぜできるのかというと、その原因は主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、ダメージが日々蓄積していくことが肌への影響を大きくします。

そういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、できれば20代から毎日のスキンケアを積み重ねてほしいと思います。

重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、毛穴の汚れや角質などが落ちて、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、場合によっては、お肌が傷ついてしまうため、注意が必要です。

精製度による違いが重曹にはあり、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。

食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、ごしごし洗うことは避けてください。

そして、洗顔の後はライスフォースの化粧水などのスキンケアによって、潤いを補充してください。

ヨーグルトを食べることで、乳酸菌、ビタミンB、フルーツ酸などを摂ることができます。

乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。

ビタミンBはエネルギー代謝を高め、お肌の生まれ変わりを助ける作用があります。

さらに、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩め、角質層がはがれるようにする役割を持っています。

このような働きがシミやくすみを改善し、美白する効果を持っています。

シミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。

手軽で効果も高いシワ対策といえばおそらくライスフォースのパックでしょう。

一日かけて溜まった肌の疲れをとるための有意義な時間です。

自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかもしれません。

作り方は簡単です。

市販のプレーンヨーグルトに少しずつ小麦粉を足していって固さの調節をしこれを肌にぬり、少しパックのための時間をとりましょう。

ヨーグルトパックの冷たさが毛穴を引き締めておそらくシワにも効果があるでしょう。

ぜひ一度お試しください。

出産を終えたばかりの女性の身体というのは出産前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、身体に色々なトラブルが起こりやすいです。

肌荒れ、シワの増加といったこともよく目立つために、悩む人は多いです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産後、急激に減少し、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。

乾燥肌は大抵の場合、敏感肌でもありますので、できれば無添加で低刺激の基礎化粧品を使って他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。

適量のお酒は血行を良くしてくれるので、お肌の血行も良くなります。

日本酒の酒粕はパックとして使えます。

お肌のくすみ対策になるようです。

板状の酒粕を小さくちぎり、容器の中で水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、固まりのない状態になるまで混ぜていきます。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。

もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。

ここ数年間のことですが、肌のしわのことが気になってきて、仕方がありません。

中でも特に問題視しているのは目尻にできたくっきりした笑いじわです。

目の周りにある皮膚は薄くてしわもできやすいですから、ライスフォースでスキンケアを行なうようにしている部分なのですが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。

そこで、ここはライスフォースのクリームを塗り重ねるようにして使い、保湿にだけは手をかけるようこだわっています。

一日2リットルの水分を欠かさないことが健康な身体を作るとされています。

お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。

水分を十分摂らないと、肌の血行も悪くなるでしょう。

老廃物がお肌にたまるので、くすみやシミを引き起こしてしまいます。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。

日頃からライスフォースの3点セットでのスキンケアと、意識して水分を摂るようにしましょう。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク